歯科治療について

  1. トップ >
  2. 歯科治療について >
  3. 歯の一生

歯の一生

「歯の一生」なんて変なタイトルですが、ここでは歯の誕生からそれを失うまでについて、そしてその過程において根管治療が関わる部分について書いてみたいと思います。

ごくまれに、一生虫歯にも歯周病にも無縁という幸運な方もいらっしゃいますが、多くの場合は虫歯あるいは歯周病などにより「歯の余命」は短くなってしまいます。

しかし、自分の口腔内の状況を知り、適切な処置やお手入れをしてあげれば、「歯の余命」を延長することもできるのです!

永久歯が生える前

この世に生まれて、最初に生えてくる乳歯は、赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいるときからつくられています。
6歳頃から生え始める永久歯は、生まれた後につくられ始めます。乳歯だけが口の中にある時期から永久歯への生え替わりが終わるまでの期間、まだ生えて(生まれて)いない永久歯は、先に生えている乳歯の影響を受けることになります。

具体的に書きますと、乳歯がひどい虫歯になり、さらにそれを放置し続けた場合には、その乳歯の真下にある永久歯が健全に育たず、最初から不完全な状態で生まれてきてしまい、すぐに虫歯になってしまったりします。
乳歯の段階から虫歯にならないようにすること、もし虫歯になってしまったら早期に適切な処置をすることが、その後生えてくる永久歯の寿命にとってとても重要な意味をもつのです。

このページの先頭へ

永久歯が生えた直後

あまり知られてはいませんが、生え立ての永久歯の虫歯は進行しやすいという特徴があります。
歯の表面のエナメル質は非常に硬く、簡単には虫歯にならないようにできていますが、その内側にあって歯の大部分を構成する象牙質はエナメル質より軟らかく、虫歯になった場合は主にこの象牙質で進行します

生え立ての状態での象牙質は最も軟らかく、最も虫歯が進行しやすいといえます。
簡単に虫歯にならないはずのエナメル質がなぜ虫歯になってしまうのでしょう?それはどうしても汚れが溜まりやすい場所があり、そこにバイ菌が繁殖して歯を溶かす成分を作り出して、さらに溶かした部分から奥へ奥へと進入していくからです。歯、特に奥歯の表面には大小の溝があり、ここが最も虫歯になりやすい場所です。

さらに、歯と歯が接しているところも虫歯になりやすいといえます。
この時期に虫歯にならないようにすれば、その後の歯の余命は大きく伸びますが、残念なことにたいていの人は虫歯にしてしまうようです。特に6歳臼歯と呼ばれる第一大臼歯が最初に虫歯になってしまい、その後虫歯と治療を繰り返して、最終的には「歯を抜く」はめになるのです。

イメージ:永久歯が生えた直後

虫歯予防には、保護者の意識と努力が不可欠

この虫歯になりやすい時期に虫歯にならないようにするためには、予防を徹底的に行うことが必要です。だらだらとお菓子を食べたり砂糖の入った飲み物を飲んだりするのは自らすすんで虫歯をつくっているようなものですから、子どもにそういう習慣がつかないようにさせねばなりません。

毎日のブラッシングはもちろんのこと、デンタルフロスか糸ようじで歯と歯の間の汚れを取るようにすれば、その部分の虫歯も予防できます。ブラッシング後にフッ素洗口したり、フッ素入りペーストで仕上げをすることによってエナメル質を強くすることも家庭でできる大きな予防法ですね。この時期の虫歯予防には、保護者の意識と努力が不可欠といえます。

歯医者で行う予防法としては、家庭用よりも濃度の高いフッ素ペーストを使ってエナメル質を強くする方法、そして歯の表面の溝が虫歯になる前にレジン(後述)系の材料で深い溝を埋めてしまうシーラントという方法があり、どちらも虫歯予防には大変効果的ですが、毎日のブラッシングが重要であることには変わりありませんよ!

このページの先頭へ

永久歯が虫歯になってしまったら

先に書いたように、生え立ての永久歯では虫歯の進行が早いので、もし虫歯とわかったら早めに治療する必要があります。しかし、生えてからだいぶ年数がたっている場合、つまり成人以降では虫歯の進行はそれほど早くありませんから、ごく初期の虫歯であれば、それ以上拡がらないようによくブラッシングしてもらい、経過をみることもあります。

しかしある程度大きく進行してしまった虫歯については、それ以上進まないように治療する必要があります。多くの場合、最初の歯の治療となるのは、虫歯となっている部分をとり除き、その部分をレジンや金属(インレー)で補う方法です。現在はほとんど行われていませんが、かつてはアマルガムという材料もよく使われていました。いずれも部分的な修復といえます。

レジンとは樹脂で、プラスチックの一種ですが、歯と接着させることができます。比較的新しい材料で、主に日本の研究者により開発・改良され、現在は世界中で使われています。

金属は古くから使われている材料で、金属そのものは歯と接着しませんが、レジン系の接着剤を使うことで強く合着させることができます。

このような修復をする場合には、虫歯はいわゆる「神経」まで達していないことが多いため、根管治療は必要ありません。しかし、治療した歯がその後また虫歯になってしまうと、今度は根管治療が必要となることがあります。
どうしてそうなってしまうと思いますか?

このページの先頭へ

図1

丁寧にブラッシング

治療したのに、また虫歯!?

部分的に修復された歯、その修復した部分(レジン、金属など歯の代替物)は虫歯になりません。
しかし、残っている歯そのものは新たに虫歯になる可能性があります。歯と修復材料との境目は厳密には連続性がなく、このごくわずかなギャップにプラーク(歯垢)が常に残っている状態が長期間続いてしまうと、そこから新たな虫歯ができてしまいます。また、治療の際にきちんと虫歯を取り除いていなかったり、いい加減な修復処置がなされている場合にもそこから虫歯が進んでしまい、この場合はそういういい加減な治療をした歯医者に原因があるといえます。

このような2回目以降の虫歯になり始める場所は、歯の中心、つまり「神経」がある場所に近くなってしまうため、虫歯が「神経」まで達してしまい、「抜髄(ばつずい)」という根管治療を行わなければならなくなる可能性が高くなります。一度治療した歯を再び虫歯にしないためには、まず信頼できる歯医者できちんとした治療を受けること、治療後は再び虫歯にならないように丁寧にブラッシング等を行ってプラークを残さないようにすること、そして年1回程度は検診を受けて、もし虫歯になったとしても早い段階で対応できるようにすることが、大事な自分の歯を守ることになるのです

このページの先頭へ

「神経」は神経だけではありません

いわゆる歯の「神経」は、痛みを感じるためにそう呼ばれていますが、実際には神経だけが全てではありません。
専門的には「歯髄組織(しずいそしき)」といい、痛みを感じる神経の他にとても細い血管や結合組織、さらに象牙質をつくる細胞などもその中に存在します。

先に「成人以降は虫歯が進行しにくい」と書きましたが、歯が生えた後も、歯髄の中の象牙質をつくる細胞が象牙質を作り続け、また既に作ってある象牙質を硬くしていくために、成人以降の虫歯は進行しにくくなっていくのです。

もっと専門的になりますが、「象牙質-歯髄複合体」という言葉があります。 象牙質と歯髄との間には密接な関係があることを言い表している言葉で、その関係が維持されているか否かが歯の余命に大きな影響を与えます。わかりやすくいえば、歯髄が残っている歯は、歯髄を失った歯よりも平均余命が長いといえます。

「抜髄」という処置は、この歯髄を除去する行為ですが、本来やむを得ない場合に行う処置であり、また抜髄しなければならない場合には適切に行うべきで、もしそうしないと、歯の余命を短くしてしまうこともあるのです。

このページの先頭へ

抜髄(最初の根管治療)

虫歯が達してしまったために炎症を起こしている歯髄を取り除く処置が抜髄です。
炎症に程度にもよりますが、抜髄が必要となっている歯の中には、ひどく痛い状態の歯もあれば、ほとんど痛くない歯もあります。そのため、抜髄が必要か否かという判断が非常に難しい場合があります。

わかりやすい診断基準として、何もしていない状態でもズキズキと痛んだり、温かいものがひどくしみるのであれば、その症状から歯髄の炎症は既に末期の状態と推察できるので、抜髄が必要と判断できます。診断が困難となるのは、自覚症状がほとんどなく、なおかつ歯髄の感染・炎症が疑われる場合です。

このページの先頭へ